夏こそ腹巻が必要なワケ

2022.5.8

前回の記事に、VIOの<ニオイ>や<かゆみ>や<黒ずみ>が気になる・悩んでいる方は、下着を見直してみると良いかもしれません♪というお話しを、少しだけさせていただきましました。

 

その理由については、書籍内56・57ページに説明が書いてあるので、気になる方はそちらをぜひ読んでみてくださいね。

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

今日は、書籍内に書かれていることからもう少しだけ踏み込んだ内容について書いてみようと思います。

デリケートゾーンのセルフケアーフェムテック

 

書籍内では、冷えや黒ずみやムレ予防にふんどしパンツをおすすめしていますが、それはすこし勇気がいるなと、尻込みしてしまう方も少なくはないはず。かくいう私も、オンラインショップでカートにまでは入れてみたものの、結局やめてしまいました。

私が今気に入っているのは、竹布でできた肌着たちですよ。

シルクやコットン素材のものも長年愛用していますが、最近のブームは、竹布(タケフ)。竹からうまれた繊維でできている竹布は、抗菌性、消臭性、制電性、低摩擦性などの特長をもつ優れもの。竹布の方をよりよく身に着けるようになりました。

ショーツでおすすめなのは、この2点。ただし、スタイルなどは、他にもあったりするので、お好きなものを選ぶとよいとおもいます。

TAKEFU 竹布 NEW ベリーショーツ

https://amzn.to/3FrTIT1

 

[ブーディ]クラシックビキニ レディース

https://amzn.to/3smLDd7

冬は、竹布のババシャツやスパッツも肌の一部として毎日必ず着ます(笑)

 

なんだかいきなり、おススメ商品を紹介するブログのようになってしまったのですが、少し話を戻しましょう。

 

化繊でできている下着は、「冷え」の原因になるという話しもしたかと思います。締め付けの強い下着も「冷え」の原因になります。VIOのVの部分にあたる“鼠径部(そけいぶ)”には「鼠経リンパ節」が集中していて、上半身と下半身をつなぐ関所のような役割をしています。ご存じの方も多いと思いますが、リンパ節は、感染や病気の拡大を阻止する身体の防御機能の1つです。またこの付近に太い血管も通っているので、締め付けられることにより、血液やリンパ液の流れが悪くなり冷えを起こすだけでなく、むくみや下半身太り、免疫力の低下にもつながります。

 

そしてようやく今日のブログのタイトルにたどり着くのですが、「腹巻」です。

おすすめのふんどしパンツだろうがオーガニックコットンや竹布の下着をつけたところで、冷えるような格好をしていれば、間違いなく身体を冷やしてしまいます。首、手首、足首の3首が直接外気に触れないようにできれば、特によいのですが、ファッションスタイルによっては、なかなかそれは難しいなということもあるかと思います。そんなときに大活躍してくれるのが、腹巻です。

 

特に夏場の腹巻は、必須だと思っていただきたいです。

 

近年の日本の夏は、異常なほどの暑さ。腹巻なんてとんでもない!と思われそうですが、一度試すとやめられなくなる方続出中です。特に、ふわっとしたスカートやワンピースの時には、ぜひ着けるようにしてみてください。おすすめなのは、ショート丈ではなく、ロング丈をなが~くして着ける方法です。その日のお洋服にもよりますが、ブラのアンダーラインあたりからひざ上10㎝位までがすっぽり隠れるほどのロング丈は、最高です。

 

ふわっとしたスカートの場合、意外と風やクーラーの冷気が入り込んできて、腰回りを冷やしてしまうのです。足首やひざの骨から冷えが上部の骨盤に伝わって、骨盤周りを冷やしてしまう外部からの冷えと、冷たい飲み物や食べ物を摂ることによる内蔵をダイレクトに冷やしてしまう内部からの冷えの両方が合わさって、暑い夏こそ冷える要因がたくさんあるのですね。もちろん冬場は、外的環境によって冷えを感じることが多いのですが、寒いからこそ、タイツをはいたり、インナーを重ね着したり、マフラーを巻いたりして寒さ対策をしているので、夏の方がうっかり冷えてしまうことがあるのです。

 

みぞおちあたりから太もも全体までをすっぽり腹巻で覆うようにすると、冷えだけでなく、むくみ予防や免疫力UPにもつながります。冷えは、肥満や老化を加速させます。生理痛や生理不順がある若い方たちにもおすすめですが、特に40歳以降の女性には、必須のアイテムと思います。

 

これまでたくさんの腹巻を購入しましたし、サロンでも販売しましたが、夏場の冷え対策・予防におすすめなのは、コレ。

シルクふぁみりぃのコットン腹巻は、これまでに何本購入したりプレゼントしたかわからないくらいです。とってもおすすめです。

https://5hon-yubi.net/shopdetail/039000000018/

 

参考になれば幸いです♡

 

デリケートゾーンのケア

デリケートゾーンのケアは、マッサージやオイルケアだけではありません。下着や肌着を見直し、身体によいものを着けるだけで、家事や育児、仕事、食事、寝ている間などの日々過行く時間の中で、デリケートな部分と心までをケアしてくれるのです。

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 


女性のからだとゆらぎの法則

2022.4.18

ゆらぎという言葉の定義をご存じでしょうか。

1 ゆらぐこと。動揺すること。「自信の揺らぎ」
2 ある量の平均値は巨視的には一定であっても、微視的には平均値と小さなずれがあること。また、そのずれ。気体分子の熱運動、光の散乱、ブラウン運動などにみられる。

(出典 小学館)

 

要するに、大きくとらえると決まっているような物事でも、必ず常に小さなずれがあるということ。たとえば、先日の記事で掲載した女性ホルモンの周期を表すグラフですが、これはあくまでも一般的な数値をグラフにしたもので、1ミリたりともずれずにこの通りなっているわけではないですね。さらに言うと、1日(24時間)分だけをクローズアップしてみると、静止することなく微妙に変動し続けているのです。

女性ホルモンと怒りの関係性

 

個人差はありますが、この平均値からのずれ「ゆらぎ」の変動幅が一線を超えてしまうと不調としてあらわれたりします。そして更なる一線を越えてしまうと心身の病につながると言われます。この変動の波が穏やかであればあるほど、不調しらずということになります。

 

現代女性の生活環境や様式は過酷です。これが原因で、女性ホルモンのバランスが乱れ、月のリズムにも大きく影響し、それがさらに心身への負担へとつながり、負のスパイラルの一途をたどっていると言われています。だからと言って、陽がのぼったら起きて、心穏やかに過ごしながら、自然菜園からとれた無農薬の野菜を食べて、負担にならない程度の家事や仕事をし、陽が沈むころににはお風呂に入り、8時過ぎには床に入るなんて生活は、現代社会では不可能(に近い)でしょう。

 

既に不調が出てしまっている方たちにおすすめなのは、まずは、自分の生まれながらの体質を知るということだと思います。今の時代、たいていの情報は、手のひらにあるスマホで検索・入手することができてしまいますが、自分の体質にあった方法でなければ、さらにつらい思いをすることになりかねません。同じような境遇にいる方の体験談や成功例を聞くと、「これこそが解決策だ!」と藁をもすがる思いで飛びつきたくなるのはよくわかるのですが、まずは、自分の体質をしることです(しつこい!笑)

 

体質に合った食事や生活法などを知ると、これまで真逆のことをしていた!ということもよくあります。そして、自分の不調の出るパターン(不調になるきっかけ、季節や時間など)を把握し、予防・対処・補う方法を知っておくことで、ゆらぎの閾値を振り切ってしまうことを防げるようになるんです。

 

 

毎日の習慣にする

生まれながら持った体質

女性特有のリズム

それはデリケートでゆらぎやすいもの

でも毎日のちょっとのセルフケアで

バランスを保てるのです

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P47)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

女性ホルモンに限らず、自然界に存在するもので、じっと静止しているものはなく、つねにゆらいでいます。物質的なものだけではなく、私たちの気持ち・心だって、常にゆらいでいますね。「この気持ちはもう変わらない!」と天に誓ったことでさえ同じでありつづけることはなく、微細に、もしくは大きく変化します。(笑)

ちなみにキャンドルの炎の動きも「ゆらぎ」ですね。このゆらぎは、リラックスを促すゆらぎと言われていますね。

デリケートゾーンのセルフケア

 

さて、次回からは、ようやく実践編になる予定です。

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 

 


5月分のご予約について(GWの営業について)

2022.4.15

 

いつもサロンドカノンに関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

2022年5月分のご予約受付のスタートについてお知らです。

 

<リピート利用のお客様のご予約受付開始>

2022年4月20日(水)

 

<新規利用のお客様のご予約受付開始>

2022年4月27日(水)

 

まずは、リピート利用されているお客様のご予約が優先となります。

平日・週末ともに、混みやすくなってきましたので、ご希望の方は、お早目にご連絡をいただければと思います。

 

なお、ゴールデンウィーク期間中、

2022年5月3日(火)通常営業

2022年5月6日(金)臨時休業(代休)

とさせていただきます。

上記以外につきましては、通常どおり、火曜日定休日となります。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

コロナウィルス感染拡大防止策といたしまして、いくつかのご利用条件を設定させていただいております。

まずは、下記をお読みいただき、ご利用が可能か否かをご判断いただき、ご予約の希望をいただければと思います。

 

予約前にご確認ください

サロンご利用条件について以下の症状がある方もしくは下記に該当する方はご予約が出来かねますので、何卒ご了承ください。

  • 風邪の症状(くしゃみや咳が出る)や37.5度以上の熱がある方。
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさがある方。
  • 咳、疫、胸部不快感、味覚または嗅覚の消失のある方。
  • 以下に該当する、感染による重症化を引き起こしうる疾病をお持ちの方は、ご自身の安全のためにもしばらくの間、ご来店をお控えください。
    (人工透析を受けている方、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)
  • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる方がいる方。
  • 過去14日以内に、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触がある方。
  • 過去14日以内に、政府から入国制限、入国後の観察期間を必要と発表されている国。地域渡への渡航、並びに当該在住者との濃厚接触がある方。
  • インフルエンザやコロナなどの予防接種やワクチン接種前3日間、接種後7日間は、ご予約をお控えください。

どうぞご理解いただきますよう、宜しくお願いします。

 

ご予約内容(日時、メニュー内容)に加え、下記を備考欄にお書き添えください。

ご予約時にお知らせください

「予約前確認事項」を読み、該当しないことを確認しました。

記載がない場合は、ご予約をお受けすることができませんので、大変ご面倒とは思いますが、どうぞご協力のほどよろしくお願いします。

 

ご新規利用をご希望されている方が多くいらっしゃいます。

ご連絡を頂戴しました順にお返事させていただきますが、予約枠がいっぱいになり次第、受付を終了させていただきますので、どうぞご理解いただきますよう、よろしくお願いします。

 

 

 

サロン情報

~ サロンドカノン(恵比寿) ~
お問い合わせ:http://femi-therapy.com
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 

デリケートゾーンケア専門メニュー

 

デリケートゾーンのケアを専門サロンで受けてみませんか?

サロンドカノンでは、専門家監修のもと、デリケートゾーンに特化したメニュー「フェミセラピー」をリリースしました。

特に35歳以上の方に大変人気のメニューです。

詳しくは、専用のWebサイトをご確認ください。

http://femi-therapy.com

 

 


年代・時間・季節にも存在するドーシャ

2022.4.12

デリケートゾーンのセルフケアー東京・恵比寿

 

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、私たちの心と身体の基本となる生命エネルギーを“ドーシャ”とよび、それは、“ヴァータ(風)”と“ピッタ(火)”と“カパ(水)”の3要素から構成されていると考えます。言いかえると、私たちは、その3要素をもつ生命体なのです。3つのそれぞれの要素(風・火・水)には働きや性質があり、その配分率によりその人の「体質」となります。

というお話しを前回の記事で書きました。

 

この「ドーシャ」は、人だけでなく、物・時間・季節・年代など、私たちの生活のあらゆるものに存在しています。

 

人の年齢にもドーシャのサイクルがあり、例えば、0歳~30歳頃までは、「カパ(水)」の時代とされます。人それぞれもって生まれもって出てきたドーシャは基本となりますが、この時期は、その人のドーシャバランスの中で「カパ多め」の時代です。カパを表す形容詞の代表に「みずみずしさ」があります。基本のドーシャにより個人差はありますが、赤ちゃん~若い世代の人たちの肌の質は、みずみずしいですよね。そして、30歳~60歳頃までは、「ピッタ(火)」の時代とされ、エネルギーに溢れている時代です。60歳以降(女性の場合は、閉経以降)は、「ヴァータ(風)」の時代とされ、代謝が衰え、乾燥が強くなるなどが、身体的変化としてあらわれます。

 

そして、季節によってもドーシャが変わってきます。

デリケートゾーンケアー専門サロンー東京・恵比寿

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P42)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

最も短いサイクルでのドーシャの変化は、1日の時間帯の中にあります。

午前6時から10時は、カパ。

午前10時から午後2時は、ピッタ。

午後2時から午後6時は、ヴァータ。

午後6時から午後10時は、カパ。

午後10時から午前2時は、ピッタ。

午前2時から午前6時は、カパ。

 

というサイクルになります。例えば、午前6時から10時までは、「詰まりやすい」という特徴をもつカパの時間なので、身体を動かしたり、血流やリンパの流れを促進し、排泄の時間とすることができれば、その日一日が快調であることでしょう。コロナ禍で、オンラインヨガやトレーニングなどが急成長しましたが、この時間帯に行うことで、後の作業や仕事へのよい影響もありそうですね。ただし、午後6時から10時までも同じカパの時間ではありますが、この時間に激しい運動をすることは、次のピッタの時間に影響を及ぼし、睡眠の質などを低下させるので、おススメできません。絹手袋「ガルシャナ」などで、血流を促し、一日の疲れ・老廃物を上手に流すケアがおすすめです。

 

 

ココがポイント♪

アーユルヴェーダは引き算の医学。ヴァータが強い時間帯や季節にはヴァータの要素を生活や食事から減らすことでバランスがとれますし、同じようにピッタやカパが強くなる時間や季節であれば、それぞれの要素を減らすようにするとバランスが取れます。

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P43)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

年代、季節、時間におけるドーシャの関係性については、また違う機会で、もう少し深掘りできればと思います。

 

このように、その人が生まれ持って出てきた基本のドーシャに加え、年代、季節、時間によっても、ドーシャバランスが違ってきますので、必要な食事法、運動、生活法、ケアなども変わります。わかりやすくするために少しシンプルに言うと、ヴァータ体質の人は、ヴァータの年代、ヴァータの季節、ヴァータの時間帯に、最もヴァータが亢進しやすくなるということになります。こういう時はヴァータの質を鎮めるために、ヴァータの質を強める物・事を避け、温と油を加えるような食事やケアが必要になります。エステやサロンなどでマッサージやケアを受ける場合も、セラピストに季節や年代に合わせた施術、オイル選びをしてもらうことが大切です。

 

この理論が理解できれば、数学の方程式を解くように、自分に不調があらわれた時、どのようなケアをすればよいのかがわかるという仕組みです。

 

まずは、自分の体質を知るところからはじめるとよいとおもいます。それについては、こちらの記事で書きましたので、もしよろしければチェックしてみてくださいね。

体質診断で不調の傾向を知る:

https://femi-therapy.com/topics/143/

 

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 

 


体質診断で不調の傾向を知る

2022.4.9

前回の記事では、「デリケートゾーンのケアは、どこからはじめる?」という、今あなたのからだにあらわれている不調に対して、デリケートゾーン(頭、おっぱい、VIOゾーン)のどの部分を優先的にケアしていくのかを知ることが大切であることを書かせていただきました。その中で、不調の「傾向と対策」があることについてもさらりと触れましたが、今回は、これがどういう意味なのかについて深掘りしたいと思います。

 

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、私たちの心と身体の基本となる生命エネルギーを“ドーシャ”とよび、それは、“ヴァータ(風)”と“ピッタ(火)”と“カパ(水)”の3要素から構成されていると考えます。言いかえると、私たちは、その3要素をもつ生命体なのです。3つのそれぞれの要素(風・火・水)には働きや性質があり、その配分率によりその人の「体質」となります。

 

その人の「ドーシャ」は、受精した瞬間に決まるとされ、これは一生変わることのないその人の本質(基本)のドーシャとなります。そして、生活環境や食事などの後天的な要素が加わり、このドーシャのバランスが(若干)変わり、現在のあなたを作り上げています。

 

デリケートゾーンのケアサロンーアンチエイジング

 

それぞれの要素に性質があり、構成要素(要素の配分率)によって、外見や思考、行動パターン、不調のパターンまでも見えてきます。

 

余談になってしまいますが、サロンで体質チェック&カウンセリングの際、「あなたには、普段の生活の中でこういう傾向になりがちなので、こういうことでそれを鎮められることを知っておくと、少し楽になるかもしれませんね」と言った趣旨のお話しをするのですが、お客様はびっくりして「えっ?霊視ができるのですか?これって占いなのですか?私が食べている時の様子が見えるのですか?」と言われることが良くあります。霊視でも占いでもなく、それがまさに、体質の傾向なのですね。
話しをもとに戻しましょう。(笑)

 

ココがポイント♪

あなたが本来持っているドーシャパターンのバランスが調和している時は、心身ともに健康ですが、バランスが崩れると、不調を感じやすくなります。

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P28)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

このことからわかるように、今あなたが感じている不調は、あなたが本来持っていたバランスから少し逸脱していることをそれとなく教えてくれているのですね。繰り返しになりますが、体質ごとで、表に出る(感じる)不調には、傾向があります。

 

そして、たとえ同じ不調・症状(例えば頭痛)だとしても、その症状の出方も違えば、対処法も違います。

 

そのことからも、生まれながらの体質を知り、それを大幅に崩さないようにする体質に合った生活や食事やケアが必要ですし、もしバランスを崩してしまった時には、その体質に合ったケアが必要となります。逆に、体質に合わないやり方を続けていると、特定要素を亢進させ、なんらかの不調となってあらわれることがあるでしょう。それが大きく道はずれてしまったときに「病気」としてあらわれるのです。

 

TVや雑誌、SNSなどで、憧れの存在があることは、向上心を支えたり自分を磨くきっかけになり、決して悪いことではないのですが、他人(異なる体質)のただ単に真似をすることは、自分の体質のアンバランスを引き起こしてしまう可能性があることをよく理解しておきましょう。

 

書籍内では、各体質の特徴とバランスを崩したときの特徴が説明されています。自分がどれにあてはまるか、チェックしてみてくださいね。

 

アーユルヴェーダのドーシャ理論「デリケートゾーンケアの教科書」より

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。