年代・時間・季節にも存在するドーシャ

2022.4.12

デリケートゾーンのセルフケアー東京・恵比寿

 

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、私たちの心と身体の基本となる生命エネルギーを“ドーシャ”とよび、それは、“ヴァータ(風)”と“ピッタ(火)”と“カパ(水)”の3要素から構成されていると考えます。言いかえると、私たちは、その3要素をもつ生命体なのです。3つのそれぞれの要素(風・火・水)には働きや性質があり、その配分率によりその人の「体質」となります。

というお話しを前回の記事で書きました。

 

この「ドーシャ」は、人だけでなく、物・時間・季節・年代など、私たちの生活のあらゆるものに存在しています。

 

人の年齢にもドーシャのサイクルがあり、例えば、0歳~30歳頃までは、「カパ(水)」の時代とされます。人それぞれもって生まれもって出てきたドーシャは基本となりますが、この時期は、その人のドーシャバランスの中で「カパ多め」の時代です。カパを表す形容詞の代表に「みずみずしさ」があります。基本のドーシャにより個人差はありますが、赤ちゃん~若い世代の人たちの肌の質は、みずみずしいですよね。そして、30歳~60歳頃までは、「ピッタ(火)」の時代とされ、エネルギーに溢れている時代です。60歳以降(女性の場合は、閉経以降)は、「ヴァータ(風)」の時代とされ、代謝が衰え、乾燥が強くなるなどが、身体的変化としてあらわれます。

 

そして、季節によってもドーシャが変わってきます。

デリケートゾーンケアー専門サロンー東京・恵比寿

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P42)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

最も短いサイクルでのドーシャの変化は、1日の時間帯の中にあります。

午前6時から10時は、カパ。

午前10時から午後2時は、ピッタ。

午後2時から午後6時は、ヴァータ。

午後6時から午後10時は、カパ。

午後10時から午前2時は、ピッタ。

午前2時から午前6時は、カパ。

 

というサイクルになります。例えば、午前6時から10時までは、「詰まりやすい」という特徴をもつカパの時間なので、身体を動かしたり、血流やリンパの流れを促進し、排泄の時間とすることができれば、その日一日が快調であることでしょう。コロナ禍で、オンラインヨガやトレーニングなどが急成長しましたが、この時間帯に行うことで、後の作業や仕事へのよい影響もありそうですね。ただし、午後6時から10時までも同じカパの時間ではありますが、この時間に激しい運動をすることは、次のピッタの時間に影響を及ぼし、睡眠の質などを低下させるので、おススメできません。絹手袋「ガルシャナ」などで、血流を促し、一日の疲れ・老廃物を上手に流すケアがおすすめです。

 

 

ココがポイント♪

アーユルヴェーダは引き算の医学。ヴァータが強い時間帯や季節にはヴァータの要素を生活や食事から減らすことでバランスがとれますし、同じようにピッタやカパが強くなる時間や季節であれば、それぞれの要素を減らすようにするとバランスが取れます。

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P43)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

年代、季節、時間におけるドーシャの関係性については、また違う機会で、もう少し深掘りできればと思います。

 

このように、その人が生まれ持って出てきた基本のドーシャに加え、年代、季節、時間によっても、ドーシャバランスが違ってきますので、必要な食事法、運動、生活法、ケアなども変わります。わかりやすくするために少しシンプルに言うと、ヴァータ体質の人は、ヴァータの年代、ヴァータの季節、ヴァータの時間帯に、最もヴァータが亢進しやすくなるということになります。こういう時はヴァータの質を鎮めるために、ヴァータの質を強める物・事を避け、温と油を加えるような食事やケアが必要になります。エステやサロンなどでマッサージやケアを受ける場合も、セラピストに季節や年代に合わせた施術、オイル選びをしてもらうことが大切です。

 

この理論が理解できれば、数学の方程式を解くように、自分に不調があらわれた時、どのようなケアをすればよいのかがわかるという仕組みです。

 

まずは、自分の体質を知るところからはじめるとよいとおもいます。それについては、こちらの記事で書きましたので、もしよろしければチェックしてみてくださいね。

体質診断で不調の傾向を知る:

https://femi-therapy.com/topics/143/

 

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 

 


体質診断で不調の傾向を知る

2022.4.9

前回の記事では、「デリケートゾーンのケアは、どこからはじめる?」という、今あなたのからだにあらわれている不調に対して、デリケートゾーン(頭、おっぱい、VIOゾーン)のどの部分を優先的にケアしていくのかを知ることが大切であることを書かせていただきました。その中で、不調の「傾向と対策」があることについてもさらりと触れましたが、今回は、これがどういう意味なのかについて深掘りしたいと思います。

 

インドの伝承医学アーユルヴェーダでは、私たちの心と身体の基本となる生命エネルギーを“ドーシャ”とよび、それは、“ヴァータ(風)”と“ピッタ(火)”と“カパ(水)”の3要素から構成されていると考えます。言いかえると、私たちは、その3要素をもつ生命体なのです。3つのそれぞれの要素(風・火・水)には働きや性質があり、その配分率によりその人の「体質」となります。

 

その人の「ドーシャ」は、受精した瞬間に決まるとされ、これは一生変わることのないその人の本質(基本)のドーシャとなります。そして、生活環境や食事などの後天的な要素が加わり、このドーシャのバランスが(若干)変わり、現在のあなたを作り上げています。

 

デリケートゾーンのケアサロンーアンチエイジング

 

それぞれの要素に性質があり、構成要素(要素の配分率)によって、外見や思考、行動パターン、不調のパターンまでも見えてきます。

 

余談になってしまいますが、サロンで体質チェック&カウンセリングの際、「あなたには、普段の生活の中でこういう傾向になりがちなので、こういうことでそれを鎮められることを知っておくと、少し楽になるかもしれませんね」と言った趣旨のお話しをするのですが、お客様はびっくりして「えっ?霊視ができるのですか?これって占いなのですか?私が食べている時の様子が見えるのですか?」と言われることが良くあります。霊視でも占いでもなく、それがまさに、体質の傾向なのですね。
話しをもとに戻しましょう。(笑)

 

ココがポイント♪

あなたが本来持っているドーシャパターンのバランスが調和している時は、心身ともに健康ですが、バランスが崩れると、不調を感じやすくなります。

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P28)主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

このことからわかるように、今あなたが感じている不調は、あなたが本来持っていたバランスから少し逸脱していることをそれとなく教えてくれているのですね。繰り返しになりますが、体質ごとで、表に出る(感じる)不調には、傾向があります。

 

そして、たとえ同じ不調・症状(例えば頭痛)だとしても、その症状の出方も違えば、対処法も違います。

 

そのことからも、生まれながらの体質を知り、それを大幅に崩さないようにする体質に合った生活や食事やケアが必要ですし、もしバランスを崩してしまった時には、その体質に合ったケアが必要となります。逆に、体質に合わないやり方を続けていると、特定要素を亢進させ、なんらかの不調となってあらわれることがあるでしょう。それが大きく道はずれてしまったときに「病気」としてあらわれるのです。

 

TVや雑誌、SNSなどで、憧れの存在があることは、向上心を支えたり自分を磨くきっかけになり、決して悪いことではないのですが、他人(異なる体質)のただ単に真似をすることは、自分の体質のアンバランスを引き起こしてしまう可能性があることをよく理解しておきましょう。

 

書籍内では、各体質の特徴とバランスを崩したときの特徴が説明されています。自分がどれにあてはまるか、チェックしてみてくださいね。

 

アーユルヴェーダのドーシャ理論「デリケートゾーンケアの教科書」より

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。

 

 


デリケートゾーンのケアは、どこからはじめる?

2022.4.8

先日の記事に「デリケートゾーンってどこ?」(https://femi-therapy.com/topics/115/)というのがあります。そこでもお話ししたように、「おっぱい」「VIO」「頭」の3つを合わせてデリケートゾーンとしています。単なる膣まわりのケアとは異なり、これら3つの部位が整えられることで、女性ホルモンのバランスも整ってきます。

 

デリケートゾーンのケアはどこを優先するのかをしることが大切です

 

現代社会を生き抜く女性たちは、常に忙しく、分刻み、どうかすると秒単位で、目の前の作業に追われています。自分のからだを1つでもケアする余裕なんてないのに、3つの部位をケアしないといけないなんて、「無理です~」という声が聞こえてきそうですね。

 

でも大丈夫、この本の面白いところは、最初の章にチェックリストがついていて、今の自分のからだの状態には、どこを優先的ケアするべきなのかを割り出せるのです♪

 

先日私の身に起きた話を例に、少しお話しさせてください。洗濯機は、もう10年以上も前に購入したドラム式洗濯機。引っ越しを機に買い替えようかななんてのも考えたのですが、どうにかだましだまし使い続けていました。しかし、ついに恐怖のエラーコードが表示されてしまったのです。メーカーの修理屋さんに来てもらい、修理できるのかどうかを見てもらうことにしました。

修理屋さんに、表示されたエラーコードをお伝えし、最近感じていた「乾燥時間が以前よりずいぶん長くなった。乾燥時間が長い割には、生乾きで終わってしまっている。」という、不調について伝えました。メーカーさんは、電源を入れ、ボタンを慣れた手つきで操作し、電動ドライバーでカバーをあっと言う間にはずしました。手持ちのタブレットと連携させながら、部品の状態などを点検している模様。少しすると呼ばれ、「乾燥機能の部品の一つである、乾燥時に排出される水を流す部分が経年劣化により摩耗して目詰まりを起こしているか、破損してしまって、水が溜まっていることでエラーが出ているようです。修理する場合は、その部品を取り換える必要があります。」と。

 

 

サロンでは、これと全く同じようなことをしています。年齢や普段の生活(時間帯)や食事などにはじまり、感じている不調(エラーコード)などをお伺いし、それをたよりに、全体とそれから特に強く出ている違和感の部分(部品)を確認したりします。年齢、体質などによってからだからのサインの出方は違ったり、例外などはありますし、1つだけが原因でないことも多いので、最初から特定するべきではないともされていますが、それでも「傾向と対策」などはあったりします。メーカーさんが、不具合の場所を特定して、修理するべき箇所を割り出すように、「原因を見つけ出し、それに応じた(応急)対処。今すべきことはなにか?」を探り出すことに集中します。

もちろん、まんべんなく、全体をケアしていくことができれば、不調な部分のみならず、全体的に調子がよくなるのは間違いないのですが、サロンの施術の限られた時間の中では、そうもいきません。

 

セルフケアについても、同じだと思うのです。何を優先するのか?大切ですね。そしてそれをまずは、見極めることが鍵となります。また、チェックリストを使って、全体を網羅的にみることで、自分では気づいていなかったことに気づけたりもします。

 

チェックリストは、こんな感じです。

女性のデリケートゾーンケアーどこを優先的にケアするか

とってもシンプルに見えますが、具体的で突っ込んだ内容になっています。「自分のからだを知る」ことからはじめましょう。

 

 

ココがポイント♪

人間には持って生まれた体質がありさらに女性には女性特有のからだのリズムがあります

ほぼすべての心身の不調は体質とリズムを無視することで起こります

先ずは自分の体質と女性のからだのリズムを知りましょう

出典:神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」(P23)主婦の友インフォス

 

 

ブログでは、なかなか書き進めることができませんので、書籍をぜひ購入して読み進めてみてくださいね。

 

このブログでは、当店のデリケートゾーンケア”フェミセラピー”の監修者であり、妊娠・出産・授乳・育児のみならず、女性の一生をサポートしてくれる助産師として活動を続けている神藤多喜子先生の著書「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」をベースに、より深いレベルで理解をしていただくための補足的説明や具体的な方法を解説しています。

デリケートゾーンケアの教科書

神藤多喜子著 「女性の不調をなくす デリケートゾーンケアの教科書」 主婦の友インフォス
※Amazonでご購入いただけます(https://amzn.to/3DHXTJO

 

 

サロンドカノンの「フェミセラピー」では、もちろん乙女のトキメキ「頭」と「バスト」と「VIO」の3部位を合わせて「デリケートゾーン」とし、施術を行っています。どのような施術が含まれているのかについては、ホームページをぜひチェックしてみてくださいねピンクハート

今すぐホームページで詳細を見る ⇒ https://femi-therapy.com/#details/

 

 

サロン情報

サロンドカノン(恵比寿)
お問い合わせ:https://femi-therapy.com/#contact
住所:東京都渋谷区恵比寿西1丁目
※詳細は、ご予約を頂戴いたしましたらお知らせいたします。